コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇朝続文献通考 こうちょうぞくぶんけんつうこうHuang-chao-xu-wen-xian-tong-xiao; Huang-ch`ao-hsü-wên-hsien-t`ung-k`ao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皇朝続文献通考
こうちょうぞくぶんけんつうこう
Huang-chao-xu-wen-xian-tong-xiao; Huang-ch`ao-hsü-wên-hsien-t`ung-k`ao

中国,清後半期の制度,文物に関する文献を集録した書。劉錦藻の編。『皇朝文献通考』の続編。初版 320巻。乾隆 51 (1786) 年より光緒 30 (1904) 年までの約 120年近くの間の文献を集め,同 31年に刊行。改訂版 400巻は,それから宣統3 (11) 年までの7年間の文献と実業,憲政両新増項目に関する文献を加え,1921年に刊行された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

皇朝続文献通考の関連キーワード文献通考九通

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android