コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇朝続文献通考 こうちょうぞくぶんけんつうこう Huang-chao-xu-wen-xian-tong-xiao; Huang-ch`ao-hsü-wên-hsien-t`ung-k`ao

1件 の用語解説(皇朝続文献通考の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皇朝続文献通考
こうちょうぞくぶんけんつうこう
Huang-chao-xu-wen-xian-tong-xiao; Huang-ch`ao-hsü-wên-hsien-t`ung-k`ao

中国,清後半期の制度,文物に関する文献を集録した書。劉錦藻の編。『皇朝文献通考』の続編。初版 320巻。乾隆 51 (1786) 年より光緒 30 (1904) 年までの約 120年近くの間の文献を集め,同 31年に刊行。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

皇朝続文献通考の関連キーワード上期・下期下半期文献文物後半期前半期大江親通ダルマ・シャーストラ国際関係を有する可航水路の制度に関する条約《植物に関する実験》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone