コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

益富地学会館 ますとみちがくかいかん

1件 の用語解説(益富地学会館の意味・用語解説を検索)

日本の美術館・博物館INDEXの解説

ますとみちがくかいかん 【益富地学会館】

京都府京都市にある自然・科学博物館。昭和48年(1973)「日本地学研究会館」創立。平成3年(1991)より現名称。愛称「石ふしぎ博物館」。鉱物学者の益富寿之助(かずのすけ)により開設。世界各地の鉱物・化石・岩石標本の展示を行う。地学関連の資料を多数所蔵する図書館を併設する。
URL:http://www.masutomi.or.jp/
住所:〒602-8012 京都府京都市上京区出水通り烏丸西入る
電話:075-441-3280

出典|講談社
©KODANSHA
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

益富地学会館の関連キーワード科学博物館京都府京都市上京区扇町京都府京都市上京区頭町京都府京都市上京区北町京都府京都市上京区栄町京都府京都市右京区嵯峨天龍寺立石町京都府京都市中京区三条町京都府京都市東山区茶屋町京都府京都市上京区西町京都府京都市上京区東町

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone