コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盛阿弥 せいあみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

盛阿弥 せいあみ

?-? 織豊時代の塗師(ぬし)。
京都の人。千利休のお抱えとなり,(なつめ)の名手として豊臣秀吉から天下一称号をゆるされる。作品の棗,膳,などには底に「盛」の針描銘をいれたものがあるが真筆はすくない。法名は紹

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

盛阿弥の関連キーワード盛阿弥(初代)戯言養気集織豊時代野路善鏡薄茶器塗師

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android