塗師(読み)ぬし

精選版 日本国語大辞典「塗師」の解説

ぬ‐し【塗師】

[1] 〘名〙 (「ぬりし」の変化した「ぬっし」の促無表記から) 漆塗りの細工漆器製造に従事する職人。漆工。塗師屋(ぬしや)。ぬっし。
※三箇院家抄(1469頃)一「師御作手給 一丁 神殿庄」
※俳諧・類船集(1676)奴「うつはもの、われかけたるはぬしの細工にをきぬふそかし」
[2] 狂言。各流。都の塗師が越後にいる弟子の平六を頼って行くと、平六の妻は夫の仕事が無くなることを恐れて夫は死んだと偽る。師を慕う平六は仕方なく幽霊になって師と会う。和泉流では「塗師平六(ぬしへいろく)」という。

ぬり‐し【塗師】

〘名〙 =ぬし(塗師)(一)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「塗師」の解説

ぬし【塗師】[狂言]

狂言。和泉(いずみ)流では「塗師平六」。越後の塗師、平六を頼って都から師匠が来ると、平六の妻は夫の仕事が減ると思い夫は死んだと偽る。師匠に会いたい平六はしかたなく幽霊に化けて対面する。

ぬ‐し【塗師】

《「ぬりし」が音変化した「ぬっし」の促音無表記》「塗り師」に同じ。

ぬり‐し【塗(り)師】

漆細工や漆器の製造に従事する職人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の塗師の言及

【ウルシ(漆)】より

…それまで貴重品であった漆器も,室町時代以降しだいに一般化し,15世紀半ばには天王寺門前で塗物を販売する店があったこと,武蔵国でも領主から塗物の販売を許可されていたことが知られる。塗師はその技術で寺院などに年貢を納め,天皇または幕府の手形を持って全国を渡り歩いた。日本各地で出土する中世の椀類に技術的に多くの類似性があるのはこのような理由によるものであろうか。…

【ウルシ(漆)】より

…それまで貴重品であった漆器も,室町時代以降しだいに一般化し,15世紀半ばには天王寺門前で塗物を販売する店があったこと,武蔵国でも領主から塗物の販売を許可されていたことが知られる。塗師はその技術で寺院などに年貢を納め,天皇または幕府の手形を持って全国を渡り歩いた。日本各地で出土する中世の椀類に技術的に多くの類似性があるのはこのような理由によるものであろうか。…

※「塗師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スクランブル放送

映像や音声の信号を暗号化(スクランブル)して送り出される放送。スクランブル方式やスクランブルシステム、スクランブルなどともいう。テレビ放送用のデータを一定の規則に基づいた鍵(かぎ)によって暗号化するこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android