コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目光 めひかり

大辞林 第三版の解説

めひかり【目光】

〔光が当たると目が光ることから〕
ヒメ目の海魚アオメエソないしマルアオメエソの別名。体長約10~15センチメートル。目が大きく緑色に光る。日本近海の深海にすむ。肉は白身で美味。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

目光の関連キーワードエレクトロルミネセンス量子エレクトロニクスフェルマーの原理ファラデー効果光磁気ディスクブルースター白斑(天文)光電子増倍管ブラッドリープランク定数マイケルソン光化学反応カメラ工業光導電セル吉野[町]北条高時カー効果生物時計幾何光学目(め)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目光の関連情報