眼光(読み)ガンコウ

デジタル大辞泉の解説

がん‐こう〔‐クワウ〕【眼光】

物をじっと見つめるときなどの、目の光。目の輝き。「眼光鋭く人を射すくめる」
物事真意を見通す力。観察力眼力(がんりき)。

め‐ひかり【眼光/目光】

アオメエソもしくはマルアオメエソの別名。目が大きく、反射光で黄緑色に光って見える。白身の魚で、刺身や唐揚げ、塩焼きにして食す。一夜干しの製品もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

がん‐こう ‥クヮウ【眼光】

〘名〙
① 目のひかり。目の輝き。目。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 見わける力。観察力。洞察力。眼力(がんりき)
※サントスの御作業(1591)一「ワカミヤ ワ フボン ニテ マシマシ、ゴ ganquǒ(ガンクヮウ) モ タダシク ワタラセ タマウ ヨシ ウケ タマワリヲヨブ ト、アリシカバ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

眼光の関連情報