コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高啓 こうけい Gao Qi

6件 の用語解説(高啓の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高啓
こうけい
Gao Qi

[生]至元2(1336)
[没]洪武7(1374)
中国,明初の詩人。長州 (江蘇省呉県) の人。字,季迪 (きてき) 。号,青邱。元末には張士誠の高官饒介 (ぎょうかい) の庇護を受けたが,仕えず淞江の青邱に隠棲した。洪武2 (1369) 年明の太祖に召されて『元史』の編纂に参加,翌年戸部侍郎に抜擢されたが固辞して帰郷。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こう‐けい〔カウ‐〕【高啓】

[1336~1374]中国、元末・明初の詩人。蘇州(江蘇省)の人。字(あざな)は季迪(きてき)。号、青邱(せいきゅう)。江南の風物・農民生活を描いた叙景詩や、歴史・伝説に取材した幻想的な詩を残す。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

高啓【こうけい】

中国,元末明初の詩人。蘇州の出身。字は季迪。元末の戦乱を避け,呉淞江の青邱に住み,青邱子と号した。明朝に招かれて《元史》編修に参加,のち一事件に連座し,刑死。前代詩家の長所を総合し,多様な詩を軽快平易に書いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうけい【高啓 Gāo Qǐ】

1336‐74
中国,元末・明初の詩人。字は季迪(きてき),青邱,青邱子と号する。蘇州の人。数回の浙江地方への旅行と,一時期に南京の明王朝政府の官吏となったほかは,終身,蘇州の市内および近郊で一市民としてすごした。生涯の大部分は,蘇州を本拠として明と抗争した張士誠政権のもとにあり,明の太祖が独裁支配を確立するために起こした大テロルの犠牲となって殺された。短い生涯に,2000首以上の詩を残し,明代第一の詩人とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうけい【高啓】

1336~1374) 中国、元末・明初の詩人。字あざなは季迪きてき。号は青邱子せいきゆうし。詩風は軽快で平明。友人の罪に連座して刑死。作「高青邱詩集」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高啓
こうけい
(1336―1374)

中国、明(みん)初の詩人。字(あざな)は季廸(きてき)、号は青邱(せいきゅう)。蘇州(そしゅう)(江蘇省)の人。王行、徐賁(じょひ)ら北郭(ほくかく)十友と交わって早熟の詩才を誇り、在野の詩人として、当時の文化の中心蘇州で、目覚ましい活躍を示した。のち太祖に憎まれ、わずか38歳で刑死した。明でもっとも才能に恵まれた詩人で、あらゆる対象を2000首の詩に歌った。各時代の長所をよく消化して、詩意は平明、表現は淡泊あるいは華麗であるが、独自の風格を示すに至っていない。日本でも江戸時代以来、多くの愛読者をもつ。著に『高太史大全集』があり、清(しん)の金檀(きんだん)が注を施す。なお高啓は、楊基(ようき)、張羽、徐賁とともに、初唐四傑になぞらえて呉中四傑と称されたが、前者と同じく、この4人もみな不幸な死の運命を共有する。伝は『明史』文苑(ぶんえん)伝1に記される。[福本雅一]
『入谷仙介注『中国詩人選集2集10 高啓』(1962・岩波書店) ▽蒲池歓一著『漢詩大系21 高青邱』(1966・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高啓の関連キーワード王蒙倪瓚施耐庵陶宗儀楊維楨劉基王紱徐賁沈万三楚石梵琦

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高啓の関連情報