コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目口はだかる メクチハダカル

デジタル大辞泉の解説

目口(めくち)はだか・る

あきれ、驚いて、目とが大きく開く。
「これを聞くにあさましく、―・りておぼゆ」〈宇治拾遺・一二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

めくちはだかる【目口はだかる】

目や口を開け広げる。驚きあきれたさまをいう。 「奇異あさましく-・りて居たり/今昔 28

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

目口はだかるの関連キーワード目口今昔驚き

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android