目口(読み)メクチ

精選版 日本国語大辞典の解説

め‐くち【目口】

〘名〙
と口。
※梵舜本沙石集(1283)八「鞠(まり)(ばかり)なる物の目口もなきが、さすがに生物(いきもの)にて、なめなめとしてくるめくなり」
② 観察と批評。また、その力量。人の見る目と噂(うわさ)
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉八「寄宿舎の僕に対する眼口は、僕の霞むだ眼にも、如何(どう)しても笑を帯びて居るとしか見へぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目口の関連情報