目子算(読み)めのこざん

精選版 日本国語大辞典「目子算」の解説

めのこ‐ざん【目子算】

〘名〙 そろばんや筆算などによらないで、一つ一つの数量を目で確かめながら、声に出したりなどして数えること。また、そのような計算。目子勘定目子算用。目の子。
※東国紀行(1544‐45)「此道にかぎらず、無作意のこころにはめのこ算とやらむ。うちひらめなる句よりほかは、みみにおちぬにやあらん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android