コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目板 メイタ

大辞林 第三版の解説

めいた【目板】

戸や壁などに張った板の合わせ目に補強やすき間を防ぐために打ちつける幅の狭い板。
網を編むとき、目の間隔を一定にするために使う定規。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

目板の関連キーワードリネンフォールドアンテフィクサ大川総桐タンスプラコドゥスメイタガレイ切り窓・切窓安中[市]中村富十郎亀山[市]関宿[町]板倉[町]ジャロジー底目板天井敷目板天井キャンバス鰭板・端板板付遺跡松羽目物隈板内閣下見板張

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android