羽目板(読み)はめいた

世界大百科事典 第2版の解説

建築物や工作物の壁における板張りの一種で,同一平面に張った板をいう。板を張る方向によって横羽目と竪(たて)羽目とがあり,竪羽目の場合は板の接ぎ目目板(めいた)を打つものもある。壁の下方1mくらいに張った場合は腰羽目という。横板張りで板を少しずつ重ねて羽重ねに張るものは下見板といい,羽目板とは区別する。日本建築では横羽目が古来の手法で,鐘楼の袴腰など特定のものに竪羽目が用いられたが,鎌倉時代に伝来した禅宗様(唐様)では竪羽目が使われ,以来竪羽目も広く用いられるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

壁面の保護と意匠装飾を目的として板を羽重ねに張った壁を羽目(はめ)といい、張られる板を羽目板という。床面より1メートル程度の羽目を腰羽目、それ以上のものを高羽目とよぶ。
 張り方には平板張りと鏡板張りがある。前者は、間柱(まばしら)に渡した胴縁に竪(たて)に打ち付け、その上端に笠木(かさぎ)、下端には幅木(はばき)を当てがった竪羽目と、間柱に直接板を横に並べて張る横羽目をさす。後者の場合は、笠木と幅木のほかに、縦横の桟と上下のかまちと鏡板が用いられる。なお、表面に段がつかぬよう平坦(へいたん)に仕上げる張り方を板羽目(いたばめ)という。[中村 仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 羽目①に用いる板。
※婚礼道具諸器形寸法書(1793)地「羽目板、左右端之出三寸五分、足高四寸、長一尺三寸、巾三寸三分」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

羽目板の関連情報