コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目板鰈 メイタガレイ

デジタル大辞泉の解説

めいた‐がれい〔‐がれひ〕【目板×鰈】

カレイ科の海水魚暖海沿岸にすみ、全長約30センチ。体は卵円形で、目は右側にあって突出し、両眼の間に板状隆起とげがある。眼のある側は灰色または赤褐色で暗色紋が散在する。食用。このはがれい。めだかがれい。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

めいたがれい【目板鰈】

カレイ目の海魚。全長30センチメートル 近くなる。両眼は体の右側にあって突出し、目の間には、前後に一個ずつとげのある隆起がある。有眼側は淡褐色に多数の黒褐色点が散在し、無眼側は白い。北海道南部以南の沿岸に広く分布。煮魚として美味。メイタ。メダカガレイ。コノハガレイ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

目板鰈 (メイタガレイ)

学名:Pleuronichthys cornutus
動物。カレイ科の海水魚

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

目板鰈の関連キーワードメダカガレイメイタガレイ淡褐色海魚煮魚分布

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android