目比(読み)めくらべ

精選版 日本国語大辞典の解説

め‐くらべ【目比】

〘名〙
① にらみあうこと。にらみあい。
※日蓮遺文‐報恩抄(1276)「慈覚・智証と日蓮とが伝教大師の御事を不審申すは、親に値ふての年あらそひ、日天に値ひ奉りての目くらべにて候へども」
② 子どもの遊戯の一つ。二人が互いににらみあって、先に笑い出した方を負けとするもの。にらみくら。にらめっこ。
※長門本平家(13C前)九「人の目くらべをする様に、たがひにまたたきもせず、はたとにらまへて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android