目深(読み)まぶかい

精選版 日本国語大辞典「目深」の解説

ま‐ぶか・い【目深】

〘形口〙 かぶりものくかぶって目が隠れるほどである。
※浮世草子・諸国心中女(1686)二「爰に〈略〉上臈女房の、容色類なくうつくしきが白雪の菅笠まぶかく」

ま‐ぶか【目深】

〘形動〙 かぶりものを目の隠れるほど深くかぶっているさま。めぶか。
曾我物語(南北朝頃)八「平紋の竹笠まぶかに著て」

め‐ぶか【目深】

〘形動〙 =まぶか(目深)新撰字鏡(898‐901頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「目深」の解説

ま‐ぶか【目深】

[形動][文][ナリ]目が隠れるほど、帽子などを深くかぶるさま。めぶか。「パナマ帽目深にかぶる」

め‐ぶか【目深】

まぶか

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android