目覚まし草(読み)メザマシグサ

デジタル大辞泉の解説

めざまし‐ぐさ【目覚まし草】

目を覚まさせるもの。
「暁(あかとき)の―とこれをだに見つついまして我を偲(しの)はせ」〈・三〇六一〉
タバコのこと。
「一服ついでくゆらする―は」〈浄・五枚羽子板〉
の異称。
「我が門に―のあるなべに恋しき人は夢にだに見ず」〈咄・醒睡笑・八〉
マツの別名。〈蔵玉集〉
オギの別名。〈重訂本草綱目啓蒙〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android