一服(読み)イップク

デジタル大辞泉の解説

いっ‐ぷく【一服】

[名](スル)
茶やタバコを1回のむこと。また、その量。
茶やタバコをのんで、休息すること。ひと休み。「ここらで一服しよう」
粉薬1回分。「朝夕一服ずつ服用」
取引相場で、相場がしばらく安定した状態を保つこと。「一服感」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっぷく【一服】

( 名 ) スル
茶やタバコを一回のむこと。また、その一回分の茶やタバコ。
(タバコなどをのんで)ひと休みすること。 「ここらで-しよう」 「 -入れる」
粉薬や茶・タバコなど、一回飲むだけの量。 「粉薬-」
毒薬ひと包み。 〔副詞的用法の場合、アクセントは [0]
[句項目] 一服の清涼剤 一服盛る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いっ‐ぷく【一服】

〘名〙
① (━する) タバコ、茶、薬などを一回のむこと。また、その量。〔文明本節用集(室町中)〕
浄瑠璃・五十年忌歌念仏(1707)「たばこ一ぷく所望したし」 〔陸亀蒙‐奉酬襲美早春病中書事詩〕
② 特に、人などを殺すのに十分な毒薬の一包み。
※談義本・根無草(1763‐69)前「医者どもに申し付くれば、一ふくにてもやり付くる事、疫神などのおよぶべき所にあらず」
※婦系図(1907)〈泉鏡花〉前「軍医の奥さんにお手のもので、毒薬(イップク)(も)られちゃ大変だ」
③ (━する) タバコをのんでしばらく休息すること。また、単にしばらく休息すること。小休止。
※浄瑠璃・伊賀越乗掛合羽(1777)七「まあ一ぷくして行ふかと〈略〉煙草の煙り」
④ 取引相場で、相場の動きが、止まって保(も)ち合うこと。普通、「上げ一服」というように上がり続けてきた相場に対して使う。息入れ。〔取引所用語字彙(1917)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一服の関連情報