コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一服 イップク

デジタル大辞泉の解説

いっ‐ぷく【一服】

[名](スル)
茶やタバコを1回のむこと。また、その量。
茶やタバコをのんで、休息すること。ひと休み。「ここらで一服しよう」
粉薬1回分。「朝夕一服ずつ服用」
取引相場で、相場がしばらく安定した状態を保つこと。「一服感」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いっぷく【一服】

( 名 ) スル
茶やタバコを一回のむこと。また、その一回分の茶やタバコ。
(タバコなどをのんで)ひと休みすること。 「ここらで-しよう」 「 -入れる」
粉薬や茶・タバコなど、一回飲むだけの量。 「粉薬-」
毒薬ひと包み。 〔副詞的用法の場合、アクセントは [0]
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一服の関連キーワードタバコ入れ(煙草入れ)茶屋(茶店)一服の清涼剤ポーション大服・大福目覚まし草喫茶養生記担ひ茶屋遣らかす薄茶点前堪らない一服一銭吸付ける一銭茶屋永田徳本料理茶屋タバコ(ディモフの小説)まいか入れ花息継ぎ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一服の関連情報