(読み)ショウ

デジタル大辞泉の解説

しょう【松】[漢字項目]

[音]ショウ(漢) [訓]まつ
学習漢字]4年
〈ショウ〉木の名。マツ。「松柏(しょうはく)松籟(しょうらい)松露松竹梅青松老松
〈まつ〉「松風松原門松
[名のり]ときわ・ます
[難読]松魚(かつお)落葉松(からまつ)松明(たいまつ)杜松(ねず)松毬(まつかさ)海松(みる)水松(みる)

まつ【松】

マツ科マツ属の常緑高木の総称。明るく乾燥した地に生え、樹皮はひび割れするものが多い。葉は針状で、ふつうアカマツクロマツなどでは2本、ゴヨウマツチョウセンゴヨウハイマツなどでは5本が束になって出る。春、球状の雌花と雄花とがつき、黄色い花粉が風に飛ぶ。果実は松かさとよばれ、多数の硬い鱗片(りんぺん)からなる。種子は食用。材は薪炭・松明(たいまつ)・建築・パルプなどに広く用いられ、また松脂(まつやに)をとる。竹・梅あるいは鶴とともにめでたい取り合わせとされ、正月の門松にする。翁草・千代見草・常盤草(ときわぐさ)など異称も多い。 花=春 落葉=夏》「線香の灰やこぼれて―の花/蕪村
門松(かどまつ)。また、門松を飾っている期間。「が取れる」「の内」
松明(たいまつ)
「月のない晩だったから、私は―などお持たせするように言いつけた」〈堀辰雄・ほととぎす〉
紋所の名。松の幹・枝・葉または松かさを図案化したもの。
遊女の最高の位。松の位。
「この子は―に極めて」〈浮・武家義理・四〉
マツタケをいう女房詞
[補説]和歌では「待つ」と掛けて用いられる。
「立ち別れいなばの山の峰におふるまつとし聞かば今かへりこむ」〈古今・離別〉
[下接語]相生(あいおい)の松赤松アメリカ松磯(いそ)松一の松市松美し松海松蝦夷(えぞ)松老い松・拝み松・雄(お)松鏡の松・笠(かさ)松・飾り松門(かど)松・傘(からかさ)松・唐松ぐい松黒松腰掛け松小松五葉松下がり松曝(さ)れ松三蓋(さんがい)松三の松霜降り松磯馴(そな)れ松朝鮮松椴(とど)松鳥総(とぶさ)松二の松子(ね)の日の松這(はい)松柱松姫松米(べい)松見越しの松夫婦(めおと)松雌(め)松琉球(りゅうきゅう)松若松

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まつ【松】

マツ科の針葉樹。特に、アカマツ・クロマツ・ゴヨウマツ・ハイマツなどマツ属の植物をさす。ハイマツなどを除き、多くは高木となる。雌雄同株。葉は針形で二本・三本または五本束生。球果は「松かさ」と呼ばれる。建材・器具材・パルプ、薪炭、盆栽・庭木など用途は広い。古来、日本では、神のよる神聖な木、節操・長寿を象徴する木と尊ばれ、門松の風習があり、また松竹梅の筆頭とされる。 → 松の花
門松。また、門松を飾っておく期間。 「 -の内」 「 -が取れる」
家紋の一。松の幹・枝・葉・実を図案化したもの。
たいまつ。 「御さきの-ほのかにて/源氏 夕顔
遊女の階級で「松の位くらい」、すなわち太夫たゆう。 「抱かかへの-あり/浄瑠璃・寿の門松」
〔女房詞〕 マツタケ。〔御湯殿上 文明九

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

松 (マツ)

植物。マツ科マツ属の常緑高木の総称

松 (マツ)

植物。松茸の別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

まつ【松】

〘名〙
[1]
① マツ科マツ属の常緑高木の総称。樹皮は赤褐色・黒褐色または灰褐色でひびわれしてはげる。葉は針状、種類によって二本・三本・五本が短枝の上に束生する。雌雄同株。雌雄花ともに花被はなく、雌花は球状に集って新芽の頂につき、雄花序は穂状で新芽の下部に密生する。果実は多数が集って球果をなし松かさと呼ばれる。アカマツ、クロマツ、ハイマツ、チョウセンゴヨウ、ゴヨウマツなど世界中に一〇〇種ぐらいある。日本では神の依(よ)る木として門松などにされ、古くから長寿や慶賀を表わすものとして尊ばれている。材は建築・薪炭用。雅名にあさみぐさ・いろなぐさ・おきなぐさ・おりみぐさ・くもりぐさ・ことひきぐさ・すずくれぐさ・たむけぐさ・ちえぐさ・ちよぐさ・ちよみぐさ・ときみぐさ・ときわぐさ・とちよぐさ・とわれぐさ・ねざめぐさ・はつみぐさ・はつよぐさ・ひきまぐさ・ひさみぐさ・みやこぐさ・めざましぐさ・ものみぐさ・ももぐさ・ゆうかげぐさ・ゆうみぐさなど。
※古事記(712)中・歌謡「尾張に 直に向かへる 尾津の埼なる 一つ麻都(マツ)」 〔淮南子‐説山訓〕
② (白氏文集の驪宮高の一節によった表現) 小松であるとも、シダ類の一種でノキシノブまたはカワラマツのことともいう。
※枕(10C終)八三「垣などもみな古りて、苔生ひてなん、など語りつれば、宰相の君、瓦に松はありつやといらへたるに」
③ 松茸をいう、女房詞。
※御湯殿上日記‐文明九年(1477)九月八日「八わたのたなかまつ二をりまいる」
④ 松の脂(やに)の多い部分を束ねて火をつけ、照明に用いたもの。たいまつ。
※大和(947‐957頃)一二五「御階のもとに、まつともしながらひざまづきて」
⑤ (「待つ」をかけて、多く和歌などに用いられる) 待つこと。
※古今(905‐914)離別・三六五「立ち別れいなばの山の峯におふる松としきかば今かへりこむ〈在原行平〉」
⑥ (松は常緑で変わらないところから) 永久であること、不変であることのたとえ。
※梁塵秘抄(1179頃)二「我が君を何によそへむ浦に住む、亀山の、いはかどに生ひたるまつによそへむ」
⑦ 紋所の名。松の幹・枝・葉または松かさを図案化したもの。一つ松、抱き松、櫛松、松葉菱など種々ある。
⑧ 「まつかざり(松飾)」の略。
※徒然草(1331頃)一九「大路のさま、まつ立わたして、花やかにうれしげなるこそ」
※評判記・色道大鏡(1678)一「大夫を松(マツ)とし、天神を梅とし、囲を鹿とせり」
⑩ 劇場で、東西前土間の行詰り。切り落としで、もっとも舞台に近い席。
※雑俳・柳多留‐一一一(1830)「松の一座頭芝居を聞てゐる」
⑪ 「松・竹・梅」などと順位をつけたものの、その最上位を表わす。
⑫ 男のたとえ。女を花にたとえるのに対していう。
※浮世草子・好色一代男(1682)八「世は物にかまはぬがよしとて、松(マツ)(ばかり)の山にてもおもしろからず」
⑬ 花札で、一月を表わす札。松に鶴の図柄の二〇点札と、松に短冊の五点札が各一枚、一点札が二枚ある。
[2] 荻江節。四世荻江露友作曲。明治初年ごろの作。「竹」「梅」と共に三部作をなす祝賀曲。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松の関連情報