コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ショウ

3件 の用語解説(松の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょう【松】[漢字項目]

[音]ショウ(漢) [訓]まつ
学習漢字]4年
〈ショウ〉木の名。マツ。「松柏(しょうはく)松籟(しょうらい)松露松竹梅青松老松
〈まつ〉「松風松原門松
[名のり]ときわ・ます
[難読]松魚(かつお)落葉松(からまつ)松明(たいまつ)杜松(ねず)松毬(まつかさ)海松(みる)水松(みる)

まつ【松】

マツ科マツ属の常緑高木の総称。明るく乾燥した地に生え、樹皮はひび割れするものが多い。葉は針状で、ふつうアカマツクロマツなどでは2本、ゴヨウマツチョウセンゴヨウハイマツなどでは5本が束になって出る。春、球状の雌花と雄花とがつき、黄色い花粉が風に飛ぶ。果実は松かさとよばれ、多数の硬い鱗片(りんぺん)からなる。種子は食用。材は薪炭・松明(たいまつ)・建築・パルプなどに広く用いられ、また松脂(まつやに)をとる。竹・梅あるいは鶴とともにめでたい取り合わせとされ、正月の門松にする。翁草・千代見草・常盤草(ときわぐさ)など異称も多い。 花=春 落葉=夏》「線香の灰やこぼれて―の花/蕪村
門松(かどまつ)。また、門松を飾っている期間。「―が取れる」「―の内」
松明(たいまつ)
「月のない晩だったから、私は―などお持たせするように言いつけた」〈堀辰雄・ほととぎす〉
紋所の名。松の幹・枝・葉または松かさを図案化したもの。
遊女の最高の位。松の位。
「この子は―に極めて」〈浮・武家義理・四〉
マツタケをいう女房詞
[補説]和歌では「待つ」と掛けて用いられる。
「立ち別れいなばの山の峰におふるまつとし聞かば今かへりこむ」〈古今・離別〉
[下接語]相生(あいおい)の松赤松アメリカ松磯(いそ)松一の松市松美し松海松蝦夷(えぞ)松老い松・拝み松・雄(お)松鏡の松・笠(かさ)松・飾り松門(かど)松・傘(からかさ)松・唐松ぐい松黒松腰掛け松小松五葉松下がり松曝(さ)れ松三蓋(さんがい)松三の松霜降り松磯馴(そな)れ松朝鮮松椴(とど)松鳥総(とぶさ)松二の松子(ね)の日の松這(はい)松柱松姫松米(べい)松見越しの松夫婦(めおと)松雌(め)松琉球(りゅうきゅう)松若松

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

まつ【松】

マツ科の針葉樹。特に、アカマツ・クロマツ・ゴヨウマツ・ハイマツなどマツ属の植物をさす。ハイマツなどを除き、多くは高木となる。雌雄同株。葉は針形で二本・三本または五本束生。球果は「松かさ」と呼ばれる。建材・器具材・パルプ、薪炭、盆栽・庭木など用途は広い。古来、日本では、神のよる神聖な木、節操・長寿を象徴する木と尊ばれ、門松の風習があり、また松竹梅の筆頭とされる。 → 松の花
門松。また、門松を飾っておく期間。 「 -の内」 「 -が取れる」
家紋の一。松の幹・枝・葉・実を図案化したもの。
たいまつ。 「御さきの-ほのかにて/源氏 夕顔
遊女の階級で「松の位くらい」、すなわち太夫たゆう。 「抱かかへの-あり/浄瑠璃・寿の門松」
〔女房詞〕 マツタケ。〔御湯殿上 文明九

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松の関連キーワード老緑赤蝦夷松アメリカ松大王松オレゴンパイン琉球松レッドパインエゾマツ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松の関連情報