コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 おぎ

4件 の用語解説(荻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


おぎ

大分県南西部,竹田市南西部の旧町域。大野川の上流域にあり,熊本県に接する。 1955年荻村と柏原村が合体して町制。 2005年竹田市,直入町,久住町と合体し,竹田市となる。阿蘇外輪山 (→阿蘇山 ) 東麓の標高 400~700mの高原に位置し,阿蘇溶岩の上に火山灰砂を載せている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おぎ〔をぎ〕【×荻】

イネ科の多年草。湿地に群生。高さ約2メートルになり、根茎が地中を走り、茎を1本ずつ立てる。葉は長く、幅広く、縁がざらつく。秋、ススキに似た花穂(かすい)を出すが、ススキより大形で銀白色。ねざめぐさ。めざましぐさ。おぎよし。 秋》「―の葉に折々さはる夜舟かな/鳴雪

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おぎ【荻】

イネ科の多年草。原野の水辺に群生する。高さ2メートル 内外。茎の下部は露出する。花穂はススキに似るが、大形で小穂に芒のぎがない。メザマシグサ。ネザメグサ。 [季] 秋。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


おぎ

大分県南西部、直入(なおいり)郡にあった旧町名(荻町(まち))。現在は竹田(たけた)市の南西部にあたる地域。旧荻町は1955年(昭和30)荻、柏原(かしわばる)の2村が合併して町制施行、2005年(平成17)竹田市に合併。JR豊肥(ほうひ)本線が通じる。標高400~600メートルの阿蘇(あそ)山南東側山腹緩斜面にあり、旧町名は、この上に頭を出す旧火山の荻岳に由来する。1926年(大正15)大野川上流の大谷(おおたに)川から水を引く荻柏原井路の完成で、トウモロコシ、菜種畑に約500ヘクタールが開田。近年、高冷地野菜栽培が盛んである。また、荻神社の神事「ゆたて」は県指定無形民俗文化財。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荻の関連キーワードイネ禾本禾本科蓑米コメねむいねむいねずみイネ科穀類イネ科穀類栽培イネ科草本イネ科牧草 (grasses)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

荻の関連情報