(読み)おぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


おぎ

大分県南西部,竹田市南西部の旧町域。大野川の上流域にあり,熊本県に接する。 1955年荻村と柏原村が合体して町制。 2005年竹田市,直入町,久住町と合体し,竹田市となる。阿蘇外輪山 (→阿蘇山 ) 東麓の標高 400~700mの高原に位置し,阿蘇溶岩の上に火山灰砂を載せている。数条の川が台地面に開析谷を形成し,大野川へ注ぐ。米作を中心に高冷地野菜などが栽培され,畜産も行なわれる。白水の滝付近の川底はカワノリ (川海苔) の一種陽目ノリ (ひなためのり) の自生地として知られ,新藤の荻神社にはゆたて神楽が伝わる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おぎ〔をぎ〕【×荻】

イネ科の多年草。湿地に群生。高さ約2メートルになり、根茎が地中を走り、茎を1本ずつ立てる。葉は長く、幅広く、縁がざらつく。秋、ススキに似た花穂(かすい)を出すが、ススキより大形で銀白色。ねざめぐさ。めざましぐさ。おぎよし。 秋》「―の葉に折々さはる夜舟かな/鳴雪

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おぎ【荻】

イネ科の多年草。原野の水辺に群生する。高さ2メートル 内外。茎の下部は露出する。花穂はススキに似るが、大形で小穂に芒のぎがない。メザマシグサ。ネザメグサ。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


おぎ

大分県南西部、直入(なおいり)郡にあった旧町名(荻町(まち))。現在は竹田(たけた)市の南西部にあたる地域。旧荻町は1955年(昭和30)荻、柏原(かしわばる)の2村が合併して町制施行、2005年(平成17)竹田市に合併。JR豊肥(ほうひ)本線が通じる。標高400~600メートルの阿蘇(あそ)山南東側山腹緩斜面にあり、旧町名は、この上に頭を出す旧火山の荻岳に由来する。1926年(大正15)大野川上流の大谷(おおたに)川から水を引く荻柏原井路の完成で、トウモロコシ、菜種畑に約500ヘクタールが開田。近年、高冷地野菜栽培が盛んである。また、荻神社の神事「ゆたて」は県指定無形民俗文化財。[兼子俊一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

荻 (オギ)

学名:Miscanthus sacchariflorus
植物。イネ科の多年草

荻 (ススキ)

学名:Miscanthus sinensis
植物。イネ科の多年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おぎ をぎ【荻】

〘名〙 イネ科の多年草。各地の池辺、河岸などの湿地に群生して生える。稈(かん)は中空で、高さ一~二・五メートルになり、ススキによく似ているが、長く縦横にはう地下茎のあることなどが異なる。葉は長さ四〇~八〇センチメートル、幅一~三センチメートルになり、ススキより幅広く、細長い線形で、下部は長いさやとなって稈を包む。秋、黄褐色の大きな花穂をつける。おぎよし。ねざめぐさ。めざましぐさ。かぜききぐさ。《季・秋》
※万葉(8C後)一〇・二一三四「葦辺なる荻(をぎ)の葉さやぎ秋風の吹き来るなへに雁鳴き渡る」
※後撰(951‐953頃)秋上・二二〇「いとどしく物思ふやどの荻の葉に秋とつげつる風のわびしさ〈よみ人しらず〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

荻の関連情報