目角(読み)メカド

デジタル大辞泉の解説

め‐かど【目角】

目の端。目尻。また、怒った目つき。
鋭く物を見る目。眼力。また、眼識。「目角がある」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めかど【目角】

目じり。 七尺計なる男の、-二つ切れたるが/保元 上・古活字本
物を見る鋭い目つき。また、眼力。 ちらと見付けた-が強く/浮世草子・元禄太平記
[句項目] 目角を立てる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

め‐かど【目角】

〘名〙
① 目の端。目じり。目くじら。また、怒った目。
※保元(1220頃か)上「七尺計なる男の、目角二つ切れたるが」
※浄瑠璃・平仮名太平記(1701)四「めかど血走りひぢをはり」
② 鋭く物を見る目。物を見分け、または見抜く眼力。また、見たものを覚えている力。目きき。眼識。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android