コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目角 メカド

デジタル大辞泉の解説

め‐かど【目角】

目の端。目尻。また、怒った目つき。
鋭く物を見る目。眼力。また、眼識。「目角がある」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めかど【目角】

目じり。 「七尺計なる男の、-二つ切れたるが/保元 上・古活字本
物を見る鋭い目つき。また、眼力。 「ちらと見付けた-が強く/浮世草子・元禄太平記」
[句項目] 目角を立てる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

目角の関連キーワードプシッタコサウルスモーメント(物理)ケイ(珪)酸塩鉱物角運動量保存の法則プロトケラトプス目くじらを立てるブロックゲージ流行性角結膜炎トリケラトプス目に角を立てるフリクテン目角が強い角膜潰瘍浮世草子抱返渓谷目くじら大道芸どれる対頂角永寿堂

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android