目遣い(読み)メヅカイ

デジタル大辞泉の解説

め‐づかい〔‐づかひ〕【目遣い】

物を見るときの目の動かし方。「気遣わしげな目遣いをする」
目で合図をすること。目くばせ。「目遣いで知らせる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めづかい【目遣い】

物を見るときの目つき。 「お鈴は愛相の尽きた-をして/多情多恨 紅葉
目くばせ。 「弥次が方に捻平-を一つして/歌行灯 鏡花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android