直円錐(読み)チョクエンスイ

  • ちょくえんすい ‥ヱンスイ
  • ちょくえんすい〔ヱンスイ〕
  • 直円×錐

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 円錐のうちで頂点から底面に下ろした垂線が底面の円の中心を通るもの。この垂線を直円錐の軸という。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の直円錐の言及

【円錐】より

…この曲面ともとの円によって囲まれる立体図形を円錐といい,定点を頂点,円を底面,頂点と底面の距離を高さ,頂点と円周上の点を結ぶ線分を母線,母線の全体で作られる曲面を側面という(図)。頂点と底面の中心を結ぶ直線が底面に直交するような円錐を直円錐といい,そうでない円錐を斜円錐という。直円錐のことを単に円錐ということがある。…

※「直円錐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android