コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垂直 すいちょく perpendicularity

翻訳|perpendicularity

6件 の用語解説(垂直の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

垂直
すいちょく
perpendicularity

(1) 2直線 lg が交わってつくる角が直角であるとき,一方は他方に垂直,あるいはこの2直線は互いに垂直であるといい,lg と書く。このとき lg とは互いに他の垂線であるといい,その交点を垂線の足と呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すい‐ちょく【垂直】

[名・形動]
まっすぐに垂れ下がること。また、そのさま。「垂直な線を引く」
水平面・地平面に対して直角の方向を示すこと。また、そのさま。「がけが垂直に切り立つ」
数学で、直線と直線、直線と平面、平面と平面とが直角に交わること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

垂直【すいちょく】

以下の場合,二つは互いに垂直であるという。(1)二直線。両者が互いに交わり,その交角が直角のとき(一般には,一点を通り二直線に平行に引いた直線が直角をなすとき)。
→関連項目垂線

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

すいちょく【垂直 perpendicular】

l,mを空間内の異なる2直線とする。lmが交われば,これら2直線は一平面上にあって,交点Qを頂点とする四つの角ができ,その一つが直角ならば他の角もすべて直角となる。このときlmは垂直である,または直交するという(図1)。lmが交わらない場合も,1点を通ってそれらに平行にひいた2直線が直交するならば,lmは垂直であるという(図2)。lmが垂直であることをlmで表す。一直線lと一平面αが1点で交わり,交点Qを通るα上の二つの直線がlと直交すれば,α上のすべての直線はlと垂直となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

すいちょく【垂直】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔まっすぐたれる意〕
ある平面、または直線に対して直角であること。そのさま。また、その方向。 「基準線に-な直線を引く」
鉛直えんちよく 」に同じ。 「柱を-に立てる」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

垂直
すいちょく

同一平面上の2直線が交わってできる角が直角であるとき、2直線は垂直であるという。点Aを通って直線lに垂直な直線がlと交わる点をHとするとき、線分AHをAからlへ下ろした垂線といい、Hを垂線の足、線分AHの長さを垂線の長さという。このAHは、Aからlに至る線のなかで長さのもっとも短いものである。
 空間での垂直を次のように定義する。
〔1〕2直線の垂直 2直線ll′に対し、点Oを通ってそれぞれに平行に引いた2直線が垂直であるとき、ll′は垂直であるといい、ll′と書く。点Aとこれを通らない直線lがあるとき、Aを通ってlに垂直に交わる直線を引き、その交点をHとするとき、AHをAからlに下ろした垂線という。
〔2〕直線と平面の垂直 直線hが平面α上のすべての直線に垂直のとき、hはαに垂直であるといい、h⊥αと書く。直線hが、平面α上にあって平行でない2直線に垂直のとき、hはαに垂直である。平面α上にない点Aを通ってαに垂直な直線がαと交わる点をHとするとき、線分AHをAからαへ下ろした垂線といい、Hを垂線の足という。垂線AHは、Aからα上の点に至る線のなかで、長さのもっとも短いものである。
〔3〕2平面の垂直 2平面α、βのつくる角が直角のとき、αとβは垂直であるといい、α⊥βと書く。これは、α、βの交線上の点を通って、各平面上で交線に引いた垂線が垂直になっている場合である。直線hが平面αに垂直のとき、hを含む平面はαに垂直である。[栗田 稔]

三垂線の定理

平面α上にない点A、α上の直線ll上の点K、α上の点Hについて次の定理が成り立つ。これらが三垂線の定理である((1)だけを三垂線の定理、(2)(3)をその逆ということもある)。
 (1)直線AH⊥α, HK⊥lならばAK⊥l
 (2)直線AH⊥α, AK⊥lならばHK⊥l
 (3)AH⊥HK, HK⊥l, AK⊥lならばAH⊥α[栗田 稔]

座標と垂直

(1)平面上で直角座標を考えるとき、直角成分が(a1, a2), (b1, b2)である二つのベクトルが垂直であるための条件はa1b1a2b2=0である。また、2直線
  ym1xk1, ym2xk2
が垂直であるための条件はm1m2=-1である。
(2)空間で直角座標を考えるとき、直角成分が(a1, a2, a3), (b1, b2, b3)の二つのベクトルが垂直であるための条件は
  a1b1a2b2a3b3=0
である。また、平面
  axbyczd=0
については、(a, b, c)はこの平面に垂直なベクトルの直角成分で、2平面
  axbyczd=0, axbyczd′=0
が垂直になるための条件は
  aa′+bb′+cc′=0
である。[栗田 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

垂直の関連キーワード射影エル射影平面垂線接触平面直交同位角面角方向余弦パップス=ギュルダンの定理

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

垂直の関連情報