直接消費税(読み)ちょくせつしょうひぜい

百科事典マイペディア「直接消費税」の解説

直接消費税【ちょくせつしょうひぜい】

消費税のうち消費の最終段階で消費者に直接課するもの。消費税のたてまえからすればこれが最も適するが,課税技術上容易でなく,間接消費税に多く依存せざるを得ない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「直接消費税」の解説

ちょくせつしょうひ‐ぜい ‥セウヒ‥【直接消費税】

〙 消費税の一つ。特定の消費をするものを納税義務者とする税で、通常特別徴収義務者たる業者を通じて納付される。特別地方消費税

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の直接消費税の言及

【消費税】より

…消費税に対応する概念として,収得税,財産税,流通税などがある。消費税はさらに,課税の仕方により,直接消費税と間接消費税に区分される。直接消費税は,消費者に直接課税されるものである。…

※「直接消費税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android