コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間接消費税 かんせつしょうひぜい

百科事典マイペディアの解説

間接消費税【かんせつしょうひぜい】

消費税のうち消費者に直接課税せず,間接的に消費者が負担することを期待する税。直接消費税は課税技術上容易でないため,間接消費税が多く用いられ,転嫁を通じて最終消費者に税負担が帰着する。
→関連項目間接税免税点

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の間接消費税の言及

【消費税】より

…消費税に対応する概念として,収得税,財産税,流通税などがある。消費税はさらに,課税の仕方により,直接消費税と間接消費税に区分される。直接消費税は,消費者に直接課税されるものである。…

※「間接消費税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

間接消費税の関連キーワードトランプ類税納税義務者税源配分移出課税揮発油税たばこ税入場税物品税関税酒税