間接消費税(読み)かんせつしょうひぜい

百科事典マイペディア「間接消費税」の解説

間接消費税【かんせつしょうひぜい】

消費税のうち消費者に直接課税せず,間接的に消費者が負担することを期待する税。直接消費税は課税技術上容易でないため,間接消費税が多く用いられ,転嫁を通じて最終消費者に税負担が帰着する。酒税揮発油税関税などがその典型例。
→関連項目間接税免税点

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「間接消費税」の解説

かんせつ‐しょうひぜい ‥セウヒゼイ【間接消費税】

〘名〙 物品の生産または流通の段階で、製造者や販売者などに課税する消費税。税額は物品の価格に組み込まれ、消費者が間接的に租税を負担する。→間接税

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の間接消費税の言及

【消費税】より

…消費税に対応する概念として,収得税,財産税,流通税などがある。消費税はさらに,課税の仕方により,直接消費税と間接消費税に区分される。直接消費税は,消費者に直接課税されるものである。…

※「間接消費税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android