直日神(読み)なおびのかみ

世界大百科事典 第2版の解説

なおびのかみ【直日神】

日本神話にみえる神の名。ナオビは誤りを無くし正常な状態へ改めること。《古事記》および《日本書紀》の一書で,この神は伊弉諾(いざなき)尊の禊に際し,枉津日(まがつひ)神に続いて出現する。祝詞に〈咎過在らむをば神直備(かむなおび)大直備に見直し聞き直して〉(《御門祭祝詞》),〈言寿ぎ鎮め奉る事の漏り落ちむ事をば神直日命,大直日命聞き直し見直して〉(《大殿祭祝詞》)とある。また,この神は平安朝に入ると宴会,遊芸の神とされるようになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android