コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直日神 なおびのかみ

1件 の用語解説(直日神の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なおびのかみ【直日神】

日本神話にみえる神の名。ナオビは誤りを無くし正常な状態へ改めること。《古事記》および《日本書紀》の一書で,この神は伊弉諾(いざなき)尊の禊に際し,枉津日(まがつひ)神に続いて出現する。祝詞に〈咎過在らむをば神直備(かむなおび)大直備に見直し聞き直して〉(《御門祭祝詞》),〈言寿ぎ鎮め奉る事の漏り落ちむ事をば神直日命大直日命聞き直し見直して〉(《大殿祭祝詞》)とある。また,この神は平安朝に入ると宴会,遊芸の神とされるようになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

直日神の関連キーワード日本神話八岐大蛇久延毘古竜田彦鳴る神の大国魂神大直日神櫛明玉神手置帆負神速秋津比売神

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone