コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直物市場 じきものしじょうspot market

翻訳|spot market

1件 の用語解説(直物市場の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直物市場
じきものしじょう
spot market

直物外国為替銀行間取引および銀行と顧客の間の取引に用いられる外国為替の売買市場。銀行間市場の取引相場がインターバンク相場,銀行と顧客間市場の取引相場が対顧客相場である。前者は取引時間中は常に変動するが,後者は取引日の午前 10時に公示される相場 (米ドル公示仲値) により決まり,インターバンク直物相場が一定の幅を超えて変動しないかぎり,当該取引日中の取引に適用される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の直物市場の言及

【投機】より

…たとえば,3ヵ月先のドルの売買を,一定の為替レート(これを先物レートという)で現在,契約することができる。それに対して,各時点での取引を各時点で契約する市場を直物(じきもの)市場という。先物取引が可能である場合には,つぎのような形の投機が行われる。…

※「直物市場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone