直音表記(読み)ちょくおんひょうき

精選版 日本国語大辞典「直音表記」の解説

ちょくおん‐ひょうき ‥ヘウキ【直音表記】

〘名〙 「しゃ(者)」「しゅ(主)」「しょ(所)」など、拗音に発音したと思われる音を、「さ」「す」「そ」などと、直音仮名で表記すること。平安時代から鎌倉室町時代にかけての文献に多く現われる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「直音表記」の解説

ちょくおん‐ひょうき〔‐ヘウキ〕【直音表記】

拗音に発音したと思われる音を、直音の仮名で表記すること。「しゃ(者)」「しゅ(主)」を「さ」「す」と書く類。中古・中世に多くみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android