コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直音表記 チョクオンヒョウキ

デジタル大辞泉の解説

ちょくおん‐ひょうき〔‐ヘウキ〕【直音表記】

拗音に発音したと思われる音を、直音仮名で表記すること。「しゃ(者)」「しゅ(主)」を「さ」「す」と書く類。中古・中世に多くみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょくおんひょうき【直音表記】

拗音に発音されたと思われる漢字音を直音の仮名で表記すること。「しゃ(者)」・「しゅ(主)」・「しょ(所)」をそれぞれ「さ」「す」「そ」と書く類。中古・中世の文献に見られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

直音表記の関連キーワード上衆めく漢字音生前修理誦文請ず収納床子障子精進菖蒲追従唱歌験者領ず秀才最初修行宿院顕証