コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拗音 ようおん

6件 の用語解説(拗音の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

拗音
ようおん

直音の対。日本語において,子音半母音 (jまたはw。半子音ともいう) +母音の構造をもつ音節をいう。表記は,ヤ行,ワ行の仮名を小さく添えて書く。「キャ」 (/kja/) ,「シュ」 (/sju/) ,「チョ」 (/cjo/) のようにヤ行を添えるものを「開拗音」ないし「ヤ行拗音」,「クヮ」 (/kwa/) ,「グヮ」 (/gwa/) のようにワ行を添えるものを「合拗音」ないし「ワ行拗音」という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よう‐おん〔エウ‐〕【×拗音】

日本語の音節のうち、1音節が仮名2文字で表されるもの。ヤ行拗音とワ行拗音がある。ヤ行拗音は、現代仮名遣いでは、「き」「ぎ」「し」「じ」「ち」「に」「ひ」「び」「ぴ」「み」「り」の11に、それぞれ小さく「や」「ゆ」「よ」を加えて書き表す音節「きゃ」「きゅ」「きょ」「ひゃ」「びゃ」「ぴゃ」など。ワ行拗音は、「く」「ぐ」にそれぞれ「わ(ゐ・ゑ)」を付けて書き表す音節であるが、現在では「くゎ」「ぐゎ」が方言に認められるだけである。⇔直音

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

拗音【ようおん】

日本語の音韻の一種。〈きゃ〉〈きゅ〉〈きょ〉〈クヮ〉のように,仮名2字で表される音節。仮名1字で表す直音に対する。音声学的には,口蓋化した子音をもつ音節か,子音+口蓋音[j]で始まる音節を開拗音といい,ヤ行の仮名を添えて表し,円唇化した子音をもつ音節を合拗音といい,ワ行の仮名を添えて表す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ようおん【拗音】

音韻の一種で直音に対する。今日,古代日本語の発音の実際に直接ふれることはもとよりできないが,直拗の対立に対応する音声上の区別にはさして歴史的な変化はなく,古代から今日に至っているものとおもわれる。直音は口蓋(こうがい)化をともなわない子音によって形成された音節で,かなでは〈か〉〈く〉〈こ〉のように1個の文字であらわされる。拗音には次の2種類がある。(1)子音の口蓋化をともなった音節,または子音+口蓋音[j]をもって始まる音節。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ようおん【拗音】

日本語の音節のうち、「キャ」「シュ」「チョ」「クヮ」のように二字の仮名で書き表すもの。例えば、カ [ka] の子音と母音の間に、半母音 [j] が入ってキャ [kja] となり、半母音 [w] が入ってクヮ [kwa] となるの類。本来の日本語の音節にはなく、漢字音をとり入れたために生じたもの。ヤ・ユ・ヨを添えて表す開拗音と、ワ(ヰ・ヱ)を添えて表す合拗音との二種類がある。現代仮名遣いでは、前者は、イ段の仮名に小文字の「や」「ゆ」「よ」を添えて書く(「きゃ」「しゅ」「ちょ」など)が、後者は特にこれを表記することはしない。もっとも、歴史的仮名遣いでは、「く」「ぐ」に「わ」を添えて書く(「くゎ」「ぐゎ」の類)。 ↔ 直音

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

拗音
ようおん

キャ、キュ、キョ、シャ、シュ、ショのように小さなャ、ュ、ョを綴(つづ)りにもつ音節。本来、日本語にはなく、初めは漢語にのみ用いられた。「拗音」とは、ねじ曲がった音の意で、これに対しカ、ク、コ、サ、ス、ソなどは直音(ちょくおん)とよぶ。古くはクヮ、グヮがあり、これらも拗音の一種(合拗音)とされる(これに対しキャ、キュ、キョの類は開拗音とよぶ)。合拗音はのちに「火事(クヮジ)→カジ」のごとくすべて直音化した。開拗音も「朱雀(シュジャク)→スザク」のごとく直音化する場合があった。[安田尚道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の拗音の言及

【音声学】より

…(a)硬口蓋化palatalized音 ある調音を行うと共に舌の本体を硬口蓋へ向かって盛り上げる。日本語の拗音は硬口蓋化子音である。直音〈カ〉[ka]の[k]と拗音〈キャ〉[a]の[]を比較すると,図6の初めの2図のようである。…

【日本語】より

…これは後舌が軟口蓋の後部にある口蓋垂に接触して鼻から息を出す口蓋垂鼻音[]と見なされる。 日本語の子音は上記の直音列に対し〈拗音〉列をもっている。まず,直音〈カ〉の拗音〈キャ〉では,子音を発する際に前舌面が硬口蓋へ向かって盛り上がっている。…

※「拗音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

拗音の関連キーワード日本語EUC日本語教育日本語学日本語入力日本語学校グーグル日本語入力日本語検定の日日本語FEPダマスカス大学日本語学科松田一橘

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

拗音の関連情報