直音(読み)チョクオン

大辞林 第三版の解説

国語の音節のうち、一つの母音または一子音と一母音とから成るもの。促音・撥音はつおんを除き、仮名一字で表される。 ⇔ 拗音

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 中世悉曇(しったん)学の用語で、ア・イ・ウ・エ・オ・アム・アクなどの音のこと。〔悉曇輪略図抄(1287)〕
② いっさいの字に直音と拗音があるという抽象的な言語理論に立って、仮名一字で表わされる音。〔悉曇初心抄(1320頃)〕
③ 現代の国語音韻論で、一音節のうち、一つの母音、もしくは一つの子音と一つの母音から成るものをいう語。拗音・促音・撥音以外の音。〔国語学(1891)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の直音の言及

【拗音】より

…音韻の一種で直音に対する。今日,古代日本語の発音の実際に直接ふれることはもとよりできないが,直拗の対立に対応する音声上の区別にはさして歴史的な変化はなく,古代から今日に至っているものとおもわれる。…

※「直音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android