直音(読み)ちょくおん

精選版 日本国語大辞典「直音」の解説

ちょく‐おん【直音】

〘名〙
① 中世悉曇(しったん)学の用語で、ア・イ・ウ・エ・オ・アム・アクなどの音のこと。〔悉曇輪略図抄(1287)〕
② いっさいの字に直音と拗音があるという抽象的な言語理論に立って、仮名一字で表わされる音。〔悉曇初心抄(1320頃)〕
③ 現代の国語音韻論で、一音節のうち、一つの母音、もしくは一つの子音と一つの母音から成るものをいう語。拗音・促音撥音以外の音。〔国語学(1891)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「直音」の解説

ちょく‐おん【直音】

日本語の音節のうち、拗音ようおん促音そくおん撥音はつおん以外の音で、1音節が、かな1字で表されるもの。⇔拗音。→促音撥音

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「直音」の解説

直音【ちょくおん】

日本語の音韻の一種拗音(ようおん)の対。仮名1字で表す音節をいう。音声学的には母音一つ,あるいは単純な子音と母音の組合せからなる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

普及版 字通「直音」の解説

【直音】ちよくおん

同音の字で音を示す。〔直斎書録解題、三〕春秋直三卷。~學或いは切にぜざるを以て、故に字切脚の下に於て、直ちにす。~虔・如淳・穎の義に於て見るべし。

字通「直」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の直音の言及

【拗音】より

…音韻の一種で直音に対する。今日,古代日本語の発音の実際に直接ふれることはもとよりできないが,直拗の対立に対応する音声上の区別にはさして歴史的な変化はなく,古代から今日に至っているものとおもわれる。…

※「直音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android