直音(読み)ちょくおん

精選版 日本国語大辞典「直音」の解説

ちょく‐おん【直音】

〘名〙
① 中世悉曇(しったん)学の用語で、ア・イ・ウ・エ・オ・アム・アクなどの音のこと。〔悉曇輪略図抄(1287)〕
② いっさいの字に直音と拗音があるという抽象的な言語理論に立って、仮名一字で表わされる音。〔悉曇初心抄(1320頃)〕
③ 現代の国語音韻論で、一音節のうち、一つの母音、もしくは一つの子音と一つの母音から成るものをいう語。拗音・促音撥音以外の音。〔国語学(1891)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「直音」の解説

ちょく‐おん【直音】

日本語の音節のうち、拗音(ようおん)・促音(そくおん)・撥音(はつおん)以外の音で、1音節が、かな1字で表されるもの。⇔拗音。→促音撥音

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「直音」の解説

直音【ちょくおん】

日本語の音韻の一種拗音(ようおん)の対。仮名1字で表す音節をいう。音声学的には母音一つ,あるいは単純な子音と母音の組合せからなる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の直音の言及

【拗音】より

…音韻の一種で直音に対する。今日,古代日本語の発音の実際に直接ふれることはもとよりできないが,直拗の対立に対応する音声上の区別にはさして歴史的な変化はなく,古代から今日に至っているものとおもわれる。…

※「直音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android