相互防衛援助計画(読み)そうごぼうえいえんじょけいかく(英語表記)Mutual Defense Assistance Program; MDAP

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相互防衛援助計画
そうごぼうえいえんじょけいかく
Mutual Defense Assistance Program; MDAP

アメリカの H.トルーマン大統領が 1949年4月4日に北大西洋条約に署名したのち,同年7月 25日に議会に要請し,同年9月 26日に議会を通過した相互防衛援助法に基づくアメリカの軍事援助計画。自由主義陣営に対し,アメリカ軍の駐屯,軍事基地の設定その他を双務協定の形で結んだ場合に軍事援助を与えるという内容で,51年 10月に相互安全保障法 MSAが成立するまで,トルーマン・ドクトリンの一環として大きな役割を果した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android