コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相変化型記録技術 そうへんかがたきろくぎじゆつ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

相変化型記録技術

レーザー光の強さを変化することで、メディアの表面の特性を変質させて読み書きする記録技術。PDやCD-RWなどで採用されている。MOと比較すると磁気装置が不要なため、構造が簡単になり、小型化が可能でコストダウンが図れる。ただし、書き換え可能な回数は、光磁気方式に比べて劣る。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

相変化型記録技術の関連キーワードレーザー光

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android