コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相摸 さがみ

世界大百科事典 第2版の解説

さがみ【相摸】

平安朝の女流歌人。生没年不詳。1061年(康平4)3月以後,60歳以上の年齢で没した。実父は不明,源頼光に養われる。母は慶滋(よししげ)保章女。相模守大江公資の妻となり,脩子内親王に仕えるが,藤原定頼源資通橘則長藤原経衡と恋の贈答をし,定頼,則長とはとくに親密であった。《賀陽(かや)院水閣歌合》《永承四年内裏歌合》《皇后宮(きさいのみや)春秋歌合》に出詠し,家集《相摸集》《思女集》を残す。《後拾遺和歌集》を代表する歌人。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

相摸の関連キーワード相模国(相摸国)相模国紫気小野

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android