コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相摸 さがみ

1件 の用語解説(相摸の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さがみ【相摸】

平安朝の女流歌人。生没年不詳。1061年(康平4)3月以後,60歳以上の年齢で没した。実父は不明,源頼光に養われる。母は慶滋(よししげ)保章女。相模守大江公資の妻となり,脩子内親王に仕えるが,藤原定頼,源資通,橘則長,藤原経衡と恋の贈答をし,定頼,則長とはとくに親密であった。《賀陽(かや)院水閣歌合》《永承四年内裏歌合》《皇后宮(きさいのみや)春秋歌合》に出詠し,家集《相摸集》《思女集》を残す。《後拾遺和歌集》を代表する歌人。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

相摸の関連キーワード日観捜神記目連劉徽狭野弟上娘子雪村平安朝筑波子『老子』『荘子』

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone