藤原経衡(読み)ふじわらの つねひら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原経衡 ふじわらの-つねひら

1005-1072 平安時代中期の官吏,歌人。
寛弘(かんこう)2年生まれ。藤原公業(きんなり)の子。母は藤原敦信の娘。大学頭(かみ),大和守などを歴任,正五位下にいたる。和歌六人党のひとりで,勅撰集には「後拾遺和歌集」以下に16首がはいる。「左京大夫家歌合」「祐子内親王家歌合」などに出詠。延久4年6月20日死去。68歳。家集に「経衡集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android