コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賀陽 かよう

3件 の用語解説(賀陽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

賀陽
かよう

岡山県中部,吉備高原にある地区。旧町名。 1955年上竹荘 (かみたけのしょう) ,豊野 (とよの) ,下竹荘,吉川 (よしかわ) ,大和 (やまと) の5村が合体して町制。 2004年 10月,加茂川町と合併し,吉備中央町となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かや【賀陽】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

賀陽
かよう

岡山県中央部、上房(じょうぼう)郡にあった旧町名(賀陽町(ちょう))。現在は吉備中央(きびちゅうおう)町の一地区。1955年(昭和30)上竹荘(かみたけのしょう)、下竹荘、豊野(とよの)、吉川(よしかわ)、大和(やまと)の5村が合併して成立。2004年(平成16)御津(みつ)郡加茂川(かもがわ)町と合併、加賀(かが)郡吉備中央町となる。旧町域は、吉備高原上に広がり、宇甘(うかん)川に沿うが、大河川がないので平坦(へいたん)面が多くて水田も広い。国道484号が通じ、岡山自動車道の賀陽インターチェンジがあり、その近くには工業団地が造成されている。名称は、古代賀夜(かや)郡の豪族賀陽(かや)氏にちなむ。産業は農業が中心で、水稲のほか、畜産、野菜・果樹栽培などがある。吉川八幡(はちまん)宮の室町時代の本殿は国指定重要文化財、氏子(うじこ)の当番を中心に行う当番祭は県指定無形民俗文化財。妙本寺番神堂(江戸時代)は国指定重要文化財。吉川には吉川歴史民俗資料館がある。東隣の旧加茂川町域にかけての地域には県の構想による吉備高原都市が建設された。南部の総社市との境には国指定名勝の豪渓(ごうけい)がある。[由比浜省吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

賀陽の関連キーワード吉備高原赤坂〈町〉加茂川〈町〉賀陽〈町〉川上〈町〉岡山県加賀郡吉備中央町岡山県岡山市北区吉備津岡山県久米郡久米南町岡山県加賀郡吉備中央町西吉備高原都市

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

賀陽の関連情報