相読(読み)あいよみ

精選版 日本国語大辞典の解説

あい‐よみ あひ‥【相読】

〘名〙
① (━する) いっしょに読むこと。
※狂言記・文山賊(1660)「いざ、是へよらせませ。相読(アイヨミ)せふ」
② (━する) (「よむ」は数えるの意) 銭などを、いっしょに数えること。
※日葡辞書(1603‐04)「Aiyomi(アイヨミ)〈訳〉同じ物を他の者といっしょに数える」
③ (算用のとき、金高の読み合わせをする人の意から) 証人
※日葡辞書(1603‐04)「Aiyomiga(アイヨミガ) ナイ〈訳〉比喩。証人がない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android