コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

算用 サンニョウ

デジタル大辞泉の解説

さん‐にょう〔‐ヨウ〕【算用】

さんよう」の連声(れんじょう)

さん‐よう【算用】

[名](スル)連声(れんじょう)で「さんにょう」とも》
金銭の額や物の数量を計算すること。勘定。計算。「算用合って銭(ぜに)足らず」
金銭を支払うこと。清算すること。勘定。
考えてよしあしなどを決めること。
「併し爰に甚だ―のむつかしい事がござる」〈西周・百一新論〉
見積もりを立てること。また、その見積もり。目算。
「かねての―には十五両の心当て」〈浮・胸算用・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんにょう【算用】

「さんよう(算用)」の連声。

さんよう【算用】

( 名 ) スル
〔古くは「さんにょう」とも〕
計算すること。勘定。また、算術。 「いやまづおまちやれ、-しなおいてみ申さう/狂言・賽の目」
勘定を払うこと。清算すること。 「これも近々には-致しまする/狂言・千鳥 虎寛本
見積もりを立てること。予想。目算。 「五十年の月日にわたるも百年の-にはあふべきをや/鶉衣」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

算用の関連キーワード取り替える・取り換える・取替える・取換える勘定合って銭足らずビクトル ヘンゼンジョン バッカス汎用コンピュータ心当て・心宛て突き付け売りアラビア数字浮き世を立つ算(散)用状アルゴリズム浮世を立つわざくれ心直山大夢富田景周内田秀富下村幹方PL/I青地兼山毛利重能

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

算用の関連情報