看板方式/カンバン方式(読み)カンバンホウシキ

デジタル大辞泉の解説

かんばん‐ほうしき〔‐ハウシキ〕【看板方式/カンバン方式】

トヨタ自動車の考案した生産方式》生産側は使用する部品と数量を記したカンバンとよばれる作業指示票を部品供給側に送り、部品供給側は必要な数量の部品を生産して提供する方式。部品の在庫を最小限にして経費を節約し、製品の単価を下げることが目的。ジャストインタイム(JIT(ジット))生産方式。
[補説]部品供給側に不測の事故があって部品の供給が止まると、生産ライン全体が止まることになる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android