最小限(読み)サイショウゲン

デジタル大辞泉の解説

さいしょう‐げん〔サイセウ‐〕【最小限】

ある範囲内で、最も小さいこと。副詞的にも用いる。最小限度。「経費を最小限におさえる」「最小限必要な知識」⇔最大限

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいしょうげん【最小限】

それ以上は切りつめたり小さくしたりするのが無理だという限度。最低限。副詞的にも用いる。 ⇔ 最大限 「 -これだけは守ってほしい」 「被害を-に食い止める」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さいしょう‐げん サイセウ‥【最小限】

〘名〙 限られた範囲内で、最も小さいこと。最小限度。
作戦要務令(1939)二「既に本来の任務に向ひ戦闘を開始せるときは、最小限の兵力を以て之に対せしむる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

最小限の関連情報