不測(読み)フソク

  • ふしき

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動)(「しき」は「測」の呉音) =ふそく(不測)
※地蔵菩薩霊験記(16C後)二「良(まこと)に神変不測(フシキ)の上人地蔵菩薩の変作流法身とや申すべき」 〔法華義疏(吉蔵撰)三・方便品〕
〘名〙 (形動) 思いがけないこと。はかり知ることができないこと。予測できないこと。また、そのさま。ふしき。
※集義和書(1676頃)三「明白なる道理にて候へども、不測の理に達せざればにや、愚者は有とし知者は無とす」 〔戦国策‐魏策〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不測の関連情報