不測(読み)ふそく

精選版 日本国語大辞典「不測」の解説

ふ‐そく【不測】

〘名〙 (形動) 思いがけないこと。はかり知ることができないこと。予できないこと。また、そのさま。ふしき。
※集義和書(1676頃)三「明白なる道理にて候へども、不測の理に達せざればにや、愚者は有とし知者は無とす」 〔戦国策‐魏策〕

ふ‐しき【不測】

〘名〙 (形動)(「しき」は「測」の呉音) =ふそく(不測)
※地蔵菩薩霊験記(16C後)二「良(まこと)に神変不測(フシキ)の上人地蔵菩薩の変作流法身とや申すべき」 〔法華義疏(吉蔵撰)三・方便品〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「不測」の解説

【不測】ふそく

思いがけぬ。〔顔氏家訓、省事〕初め貲(はか)らざるの賞を(え)、(つひ)に不測のに陷るは、則ち嚴助・朱買臣・吾丘壽王~の、甚だ(おほ)し。

字通「不」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android