真之神道流(読み)しんのしんとうりゅう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真之神道流
しんのしんとうりゅう

近世柔術の一流派。流祖は大坂御城同心の山本民左衛門英早(1715―98)。初め楊心(ようしん)流を萩原郷右衛門元吉(はぎわらごうえもんもとよし)に学んで免許を得たが、これに飽き足らず、303手といわれる手形・手数のなかから取捨選択し、自己のくふうを加えて、初・中・上・内の四つの檀(だん)(段)格を定め、87手に集約して、1751年(宝暦1)ころ独立して真之神道流と称した。2代土肥無端斎安信(どいむたんさいやすのぶ)を経て、3代本間丈右衛門正遠(ほんまじょうえもんまさとお)(環山(かんざん))が江戸に出て流名を高めた。[渡邉一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android