取捨(読み)シュシャ

  • とりすて
  • とりす・てる
  • 取捨/取舎

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)取り上げて用いることと、てて用いないこと。必要なものを選んで不要なものを捨てること。「材料を―する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 取って捨てること。取り去ること。取りのぞくこと。
※俳諧・物種集(1678)「取すてにする浦の貝から 中将棊和歌吹上にさしかかり〈喜察〉」
② 江戸時代の処刑方法の一つで、死刑になったものの死体を葬らせないこと。江戸では死体を俵に入れて本所回向院の千住の寮に埋めた。
※禁令考‐後集・第四・巻三五・寛保元年(1741)一二月「御仕置仕形之事〈略〉首を刎、死骸取捨」
〘他タ下一〙 とりす・つ 〘他タ下二〙 取って捨てる。取り去る。取りのぞく。
※竹取(9C末‐10C初)「ろく得しかひもなく皆取捨させ給てければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

取捨の関連情報