コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真昼の魔女

デジタル大辞泉プラスの解説

真昼の魔女

チェコの作曲家アントニン・ドヴォルザークの交響詩(1896)。原題《Polednice》。ボヘミアの作家・詩人カレル・ヤロミール・エルベンの詩集『花束』に着想を得て作曲された交響詩の一つ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

まひるのまじょ〔まひるのマヂヨ〕【真昼の魔女】

《原題、〈チェコPoledniceドボルザーク交響詩。1896年作曲。チェコの詩人カレル=ヤロミール=エルベンの詩を主題とした作品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android