真鶴道路(読み)まなづるどうろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真鶴道路
まなづるどうろ

神奈川県真鶴町岩から湯河原町吉浜にいたる有料道路。全長 4.5km。1959年相模湾海食崖を切削して小田原市根府川から湯河原町門川にいたる旧道区間が開通。1982年に真鶴トンネルの完成で真鶴町岩から湯河原町吉浜の新道区間が開通した。旧道区間は 2008年に無料開放され一般道路となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android