湯河原町(読み)ゆがわら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湯河原〔町〕
ゆがわら

神奈川県南西部,箱根外輪山の南東斜面にある町。狭い海岸沿いの平地を経て相模灘にのぞむ。 1926年町制。 55年吉浜町,福浦村と合体。南の静岡県熱海市との境を流れる千歳川とその上流の藤木川沿いに湯河原温泉があり,関東地方有数の温泉街を形成。山麓の斜面ではミカン栽培が行われる。東端には福浦の漁港がある。箱根ターンパイクや椿ライン,オレンジライン,湯河原パークウェイが通じ,箱根回遊の観光客がふえ,藤木川上流の奥湯河原温泉 (広河原温泉) も拡張された。城山の東麓にある城願寺は,中世豪族土肥氏の墓所で,樹齢 800年といわれるビャクシン,また周辺の山神の樹叢は天然記念物に指定されている。町域の一部は奥湯河原県立自然公園に属する。 JR東海道本線,国道 135号線が通る。真鶴道路の始点。面積 40.97km2。人口 2万5026(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

湯河原町の関連情報