コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真鶴町 まなつる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真鶴〔町〕
まなつる

神奈川県南西部,真鶴半島から箱根山の南東斜面に延びる町。まなづるともいう。 1927年町制。 56年岩村と合体。真鶴半島基部の北岸にある漁港を中心とする。沿岸漁業,特にブリの定置網漁の基地として発展した。魚市場,製氷工場,水産加工場,造船所などの関連施設が整う。箱根山の傾斜地ではミカンを栽培し,小松石と呼ばれる石材を切出す。貴船神社の7月の船祭は華麗な神輿船が海を渡る有名な祭。真鶴半島は景勝地で,三ツ石やサボテンランド,キャンプ場がある。町域の一部は,真鶴半島県立自然公園に属する。 JR東海道本線,国道 135号線,真鶴道路が通る。面積 7.04km2。人口 7333(2015)。

真鶴〔町〕
まなづる

真鶴町」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

まなづる‐まち【真鶴町】

真鶴

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

真鶴町の関連キーワード神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴神奈川県足柄下郡真鶴町岩真鶴町立中川一政美術館地方公務員の給与削減神奈川県足柄下郡貴船神社の船祭り貴船祭[真鶴]真鶴町の要覧真鶴(町)松本 雲舟空き家問題中川一政本小松石伊豆石

真鶴町の関連情報