コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眠り芽 ねむりめ

盆栽用語集の解説

眠り芽

前年の秋以前にできていた芽が春になっても展葉しないもの。特に松柏類に多い。中にはそのままの状態で一年越し、翌年に展葉するものもある。日照通風などの条件が悪い部分や、古木で部分的に活力の落ちた枝などに多くできる。死んでいるわけではないので、追い込み芽切りなど、何らかの刺激を与えてやると動き出す。

出典 (株)近代出版盆栽用語集について 情報

眠り芽の関連キーワード前年葉性

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android