コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眼柄ホルモン ガンペイホルモン

2件 の用語解説(眼柄ホルモンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

がんぺい‐ホルモン【眼柄ホルモン】

眼柄にあるサイナス腺から分泌されるホルモン脱皮の抑制や体色変化などの働きをもつ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の眼柄ホルモンの言及

【サイナス腺】より

…これらの顆粒が,どこにある神経分泌細胞によってつくられ,それが体液中に分泌されたときにどのような生理作用を示すかは,まだよく分析されていない。サイナス腺から分泌されるホルモンは,色素胞刺激,脱皮抑制,卵黄形成の抑制,雌雄同体のエビでの性転換時の造雄腺の抑制,カルシウム,糖などの代謝促進など多くの作用が指摘されていて,一般に眼柄ホルモンと総称されることがある。【片倉 康寿】。…

※「眼柄ホルモン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone