コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眼鯛 めだい

大辞林 第三版の解説

めだい【眼鯛】

スズキ目イボダイ科の海魚。全長90センチメートル 程度。体は長楕円形で側扁する。背びれのとげは短いが顕著で、軟条部との区別は明瞭。体は黒っぽい。幼魚は流れ藻に付き、成魚は水深100メートル 以深の底層に生息。食用で美味。北海道以南の各地に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

眼鯛 (メダイ)

学名:Hyperoglyphe japonica
動物。イボダイ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

眼鯛の関連キーワード流れ藻背びれ生息区別分布とげ成魚幼魚海魚食用

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android