瞳孔縮小(読み)どうこうしゅくしょう

百科事典マイペディア「瞳孔縮小」の解説

瞳孔縮小【どうこうしゅくしょう】

縮瞳とも。瞳孔は生理的には明るい所で縮小し,また近距離の対象を注視するときにも縮小するが,病的には(けい)部交感神経麻痺(まひ)などによる瞳孔散大筋弛緩(しかん),またはエゼリン,ピロカルピン点眼などによる瞳孔括約筋緊張によって起こる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android