瞳孔縮小(読み)どうこうしゅくしょう

百科事典マイペディアの解説

瞳孔縮小【どうこうしゅくしょう】

縮瞳とも。瞳孔は生理的には明るい所で縮小し,また近距離の対象を注視するときにも縮小するが,病的には頸(けい)部交感神経麻痺(まひ)などによる瞳孔散大筋の弛緩(しかん),またはエゼリンピロカルピン点眼などによる瞳孔括約筋の緊張によって起こる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android